コースのご案内



コース概要

 

▼下の番号からお選び下さい

●HOLE-1

●HOLE-2

●HOLE-8

●HOLE-10

●HOLE-12

●HOLE-18


    《名物ホールのご紹介》


 豊科カントリー倶楽部の名物ホール
を幾つかご紹介します。
 お客様のコース攻略のヒントとしてもお使い頂けると
 思いますので、 是非お役立てください。

 

ヤーテージ



ローカル・ルール

■ ローカル・ルール ■

1.
No.3(左)・No.12(右)・No.14(右)・No.15(右)・No.17(左)の黄黒杭の外に出た球は、一罰打を課し、等距離でプレー中のフェアウェイ内にドロップする。

2.
No.5・No.7・No.8・No.14の各ホールで第1打 がOBの場合は、前方の特設ティーより第4打でプレーしなければならない。
No.6・No.13・No.18は特設ティーより第3打でプレーしなければならない。

3.
クローズドの表示のある予備グリーン(カラーも含む)は、プレー禁止の修理地(スルー・ザ・グリーン)とし、その上に球が止まっているか、又はスタンスがかかる場合は規則第25条第1項b(i)を摘用しなければならない。

4.
電磁誘導カート用の3本のコンクリート軌道は、全幅をもってカート通とみなす。
球がこの道路の上に止まっているか、又はスタンスがかかる場合は、規則第24条第2項b(i)に基づく救済を受けなければならない。

5.
14番ホールのガードバンカーの枕木は、スルーザグリーンの扱いです。

6.
樹木の根元の穴を塞いであるプラスチックのネットは動かせない障害物とする。

7.
低植物の柵付の垣根は、樹木の一部とみなす。

8.
7番ホールの池(ラテラル・ウォーターハザード)に球が入ったと思われる場合は暫定球のプレーを許可する。

臨時ローカル・ルールは随時クラブハウス内に掲示する。



トップページへ戻る

トップページへ戻る